忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 読書録

( ˘ω˘)昨日はとりつかれたように読書していた…
久しぶりに読書ブログに投稿しようとしたんですが、
パスワードわすれたわい()ということでこちらに。
これの「一年半待て」が秀逸だった。 他の二作も面白い。 こういうミステリーをわりと読書していた 10代の頃によみたかった…


ポピュラーミステリーアマゾンリンク

あとはこのポピュラーミステリーシリーズの坂口安吾、佐野洋、山田風太郎のを見たんだけど、佐野洋の「不運な旅館」というのが最後まで読むと題名の意味と重なって面白かった(_`・ω・´)_


松本清張はさすがというか、よくテレビドラマのネタにされるのも納得の面白さ。
全く関係ないと思われたことが最後の最後でつながったりするところとか、
読者に何のおかしいところもないように見せかけて、実は裏があるところとか。
見事に翻弄されてしまいました。


坂口安吾はなんていうかトリックも文体も自由な感じだなぁと思った。
漫画でも違和感ない感じ。金田一少年の事件簿っぽいような感じがした(個人の主観です)
カタカナが多くて、なんだか手塚治虫とか、石ノ森章太郎の漫画の台詞を思い出した。
※「なにイッってんだよ」とかそんな感じの文章が多い。
三作の中で印象的だったのは「選挙殺人事件」、最後の一文で謎が解きあかされるあっさりな感じは好きです。


佐野洋は短編の名手とされているだけあって、冒頭にもあげている「不運な旅館」は
秀逸だった。他の作品も非常にドラマ性を感じるつくりだなと思った


山田風太郎はなにかこう…突拍子もない題材で物語をつくってるイメージ「ダニ図鑑」のオチがわりとギャグっぽくて漫画っぽいな、と思ったら
「甲賀忍法帖」の作者の方だったのですね!
そりゃ漫画っぽいわ!と納得してしまいました。
甲賀忍法帖も見てみたい。(オチ知ってるけど)
甲賀忍法帖の元々のネタは「ロミオトジュリエット」ってどこかで聞いた気がする。






PR


| COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

プロフィール

HN:
たふあ るるく
性別:
女性
職業:
何か。
趣味:
絵を描いたり、漫画描いたり。
自己紹介:
まったりのんびり。好きになると大抵長く好き状態がつづく人

フリーエリア

カウンター